カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか、狂乱している老母との生活とか

風邪は治ったのだが…

 雪のためか、体調が悪い。
 ビールをここんとこ続けて飲んだのが体調悪化をさらに招いた模様。
 御先祖さまの神社にお参りに行くつもりだったが、本日も行けず。

ここんとこ、読書力が激しく衰退していたが、『タテ社会の人間関係』読了。

タテ社会の人間関係 (講談社現代新書)

タテ社会の人間関係 (講談社現代新書)

腐れた安倍晋三を「政界のプリンス」などと宣伝している連中は、死んでしまえでございます

 NHK番組改編問題渦中に起きた、安倍晋三代議士事務所投石事件
http://straydog.way-nifty.com/yamaokashunsuke/2005/week3/index.html#a0002993548
 安倍晋三幹事長代理が、マスコミで注目されている。NHK番組改編問題で、政治的圧力を掛けた疑惑の当事者としてであることはいうまでもない。『朝日新聞』がこの疑惑をスクープしたのは、1月12日のことである。そして、安倍氏の地元・山口県下関市内の事務所に投石があったのは13日から14日にかけての夜半のことだ。〔略〕NHK番組改編問題の報道に触発されてのことなのか、それとも、この3月にも行われる下関市長選絡みなのか。〔略〕この事務所、既報道では、00年6月にもターゲットとされ、その時は火炎瓶が投げ込まれたことになっている。しかし、本当は銃撃だった可能性があるのだ。〔略〕そこで、ご参考までに、山岡がメルマガ「東京アウトローズ」編集長時代、地元取材まで行って報じた、この火炎瓶事件の疑惑についての記事をここに再掲載する。03年2月10号、「安倍晋三官房副長官の地元・下関市における襲撃事件の闇」がそれである。
  ●やくざ関係者に集票を依頼するも、見返りの公共工事を回さなかったため?
 安倍副長官の地元・山口県下関市内の自宅車庫に、何者かによって火炎瓶が投げ込まれたのは2000年6月17日深夜のことだった。〔略〕それから11日後、今度は同市内の安倍事務所が銃撃されていたことはほとんど知られていない。〔略〕現場を見た地元記者は、こう証言する。
 「事務所のガラスに素人でもわかる銃痕が2つ、ハッキリ残っていました。あれが火炎瓶のわけがない。さすがに銃撃されたとなると衝撃度が違いますから、自宅同様、火炎瓶ということで処理されたのでしょう」
 この連続事件、東京では公安情報として、「拉致運動に邁進する安倍サンへ、朝鮮総連関係者が“警告”したもの」との見方もあると聞く。しかし、地元事情通の見方はまったく異なる。結論をいえば、中央やテレビでの顔とは異なり、地元では利権漁りを盛んにやっており、その挙句のトラブル説では、というのだ。その大きなヒントになると思われるのが、安倍副長官以外も襲撃されていた事実。その人物とは、江島潔下関市長、平川助役、それに地元では“影の市長”ともいわれている疋田善丸氏。〔略〕
 本誌は地元取材において、衝撃的な証言を得ることができた。何と、これら事件の直後、ある人物が容疑者として逮捕されていたというのだ。しかし、なぜかその容疑者は勾留されることもなくすぐ釈放。事件の犯人は、いま現在もあがっていない。その容疑者とは、市内の「K開発」(ただし、事件後解散)なる土木建築工事会社の社長・K氏。といっても、実態は暴力団周辺者とのこと。前出・記者の証言を続けよう。
 「Kを取材したら、“99年4月に行われた下関市長選挙で安倍陣営の推す現市長を連続当選させるため、ある工作をした。その見返りに、工事を回してもらうことになっていた。しかし、いつまで経っても約束を守ってくれない。それで安倍の衆議院選挙期間中を狙い腹いせでやった。警察で、そのことをバラしていいのか!?、というとすぐ釈放された”とのことです」
 〔略〕そこで99年の市長選挙だが、この時、江島市長は2期目をめざし、その有力対抗馬が古賀敬章元代議士(新進党。選挙区は最後の中選挙区となった旧山口1区)。ちなみに、前出の疋田氏は古賀氏の代議士時代、彼の公設秘書をしていた。が、その後、ケンカ別れして安倍事務所に出入り仕出す。また、古賀氏が当選した際、次点に泣いたのが元参議院議員(旧国鉄OB)を父に持つ江島市長だった。そして市長選挙前、古賀元代議士を誹謗中傷する文書が流れたのだ。手元にある「号外」と書かれたビラには、こんな記述がある。
 「古賀敬章を絶対に下関市長にしてはいけません。1、古賀は首吊り自殺した亡き元衆議院議員新井将敬氏共に北朝鮮生れです。(略)4、現、日朝日米、北朝鮮問題、先日の北朝鮮工作船の日本国内を脅かす卑怯極まる行為を皆様、思い出して下さい(略)6古賀氏は将来、必ず日本国権を新井将敬亡き後に握ると北南朝鮮人の親しい人物に約束しているそうです。恐ろしいことです(略)市民の皆様、どうか来る4月25日、古賀氏を絶対に当選させてはなりません。小渕総理始め、外務省・警視庁・山口県警も古賀氏や亡き新井将敬氏の身辺を調査、再度、今日迄の経過・経緯、拉致・麻薬・工作船につながる周囲の調査等改めてお願い申し上げます」
 なお、古賀氏は北朝鮮生れではないし、新井氏とは何の関係もない。しかし、もしそうだとしても、このビラの内容は読むに絶えない民族差別に基づく届く誹謗中傷ビラである。そのため、古賀氏は99年3月12日、氏名不詳で、下関警察署署長宛てに、名誉毀損罪で刑事告訴している。しかし、関係者によれば、古賀氏への一度の事情聴取すら行われず、むろん、犯人はいま現在も上がっていない。〔略〕

http://straydog.way-nifty.com/yamaokashunsuke/2005/week3/index.html#a0002993548
 この記事のまとめと解説
 ・安倍晋三事務所へは火炎瓶が投げ込まれたのではなく、銃弾が撃ち込まれたようです。
 ・安倍事務所へ銃弾を撃ち込んだのは、記事にはかかれてませんが、暴力団工藤会のことです。
 ・工藤会が安倍事務所へ銃弾を撃ち込んだのは、安倍事務所から頼まれた工作をしたのに、安倍事務所が約束の工事仕事を工藤会へ回さなかったからです。
 ・下関市長江島潔は安倍晋三の子分です。
 ・下関市長選では、江島潔の対立候補・古賀敬章に対し、「古賀敬章北朝鮮生れ」という中傷ビラが流されました。そのさい、新井将敬の名も言及されました。
 ・安倍晋三にとって北朝鮮問題とは、下関市長選の対立候補問題だったようです。
 ・新井将敬を熱心に応援していた組織の一つは統一協会です。
 ・統一協会の政治部・勝共連合は、安倍晋三の祖父・岸信介が作りました。安倍晋三の父・安倍晋太郎勝共連合とは深い深い関係でした。
 ・安倍晋三の政治力は、全て祖父譲り・父譲りです。
 ・ヤクザが「オレを邪険にすると、オレとの付合いをバラすぞ」と脅すのは常套手段です。
 ・これを応用して考えると、「統一協会を邪険にすると、お前が統一協会と深い関係なことをバラすぞ」という脅しも成立します。
 ・逆に、自分の政敵を「あいつは北朝鮮のスパイだ、あいつは統一協会と関係がある」と誹謗することで、事実を不明瞭にする、という作戦も成立します。
 ・こんな腐れた安倍晋三を「政界のプリンス」などと宣伝している連中は、死んでしまえでございます。

宗教右翼の情報整理@九郎政宗

九郎政宗さんが宗教右翼の情報整理して下さった。
http://d.hatena.ne.jp/claw/20050123

国が燃える』弾圧問題、そして安倍&中川によるNHK政治的圧力問題、いずれの事件にも「日本会議」「神道政治連盟」といった宗教組織の政界工作員が登場する。
もちろん安倍・中川両氏もその一員である。
「公正中立」をお題目にとなえながらメディアを恫喝する政治家の先生がたが、どれほど「公正中立」な宗教組織に属していることか。
国民には、それを知る権利があるのではないか。
カルト宗教による支配から「自由主義社会」を守れ!(@∀@)

激しく同感。

宗教右翼関係情報整理

宗教右翼関係情報整理。以下、過去に某MLへポストしたもの。
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/1274/1099074083/36-38

 多くの方が御存知でしょうが、文教族議員は、しばしば新興宗教団体を票田として持ってます。たとえば神道議員連盟なんかに参加している議員が多いようです。神社本庁と関係があります。戦中に戦争協力した新興宗教と文教族は、戦後も「左翼潰し」で協力関係にあります。
 参照;K・V・ウォルフレン『日本/権力構造の謎』(早川文庫、1994年)上巻167P。*1  H・ビックス『昭和天皇』(講談社、2002年)上巻253p。下巻267−268P。277P。*2
http://www.mainichi.co.jp/eye/feature/details/mori/youshi/16-2.html
http://www.monjiro.org/hokoku/iinkai/homu/000525.html
 また文教族の選挙区は、かつて戦犯が政治家していた選挙区としばしば重なります。たとえば森喜朗の選挙区は、ノモンハンの幕僚・辻政信が戦後政治家をしていたときの選挙区と重なります。
 戦後の文教族は、しばしば特高警察・憲兵上がりが就任してます。1953年に文部大臣になったのは、元内務官僚で、日本軍占領下でのシンガポール市長・大達茂雄です。戦後文部官僚には、内務省官僚の流れがあります。
 「指導要領」は、1957年から文部大臣をした、旧内務官僚・灘尾弘吉が、「占領政策の行きすぎた民主化を是正するために」教科書統制を目的として、はじめました。教師の「勤務評定」も、校長が日教組教師を恫喝する道具として、灘尾が導入しました。導入の際には流血もありました。
 1959年ワシントンでの世界教職員団体総連合総会で、「日本の、教員の勤務評定」は教育にとっても教員にとっても有害だと決議され、日本政府に抗議電報が送られました。
  参照;K・V・ウォルフレン前掲書 上巻182−185p。
 戦中戦前、機密費をもらった暴力団が右翼としてスト破りなどの暴力行動していた流れが戦後も続いて、文教族から依頼されたのであろう暴力団が教職員組合をしばしば襲撃してます。
 1968年9月には270の右翼団体が2620人の団員を動員して日教組大会を妨害しました。児玉誉士夫の右翼組織『全愛会議』は松葉会などヤクザの支援を受け60年代に15万人以上の会員数となり、労働争議で680人を入院させてます。
  参照;K・V・ウォルフレン前掲書 上巻187p。カプラン『ヤクザ』(第三書館、1991年)120p。*3
 安保闘争当時、全愛会議など暴力団連合である右翼団体と一緒に反左翼運動をしていたのは、「生長の家」「統一協会」などの新興宗教です。平沼赳夫KSD事件(2001)の村上正邦は「生長の家」が票田です。鳩山一郎もそうでした。
 「生長の家」の青年部「日本青年協議会」愛知代表服部守孝は、「つくる会愛知代表」で「北朝鮮拉致家族を救う会愛知代表」で、「建国義勇軍」事件の「刀剣友の会」と伴に平成13年5月26日に尖閣諸島に上陸してます。「日本青年協議会」の連絡先は、「日本会議」の連絡先と隣同士です。
 「日本会議」構成員は、勝共連合統一協会政治部)構成員と重なります。 「日本会議」理事長の戸澤眞は勝共連合の元顧問です。http://www.nipponkaigi.org/
 文教族鴻池祥肇博徒鴻池忠治郎の孫で、鴻池組のオーナーです。KSD献金受領者で、日蓮系宗教団体と関係を持ちます。
http://www.t3.rim.or.jp/~nichiren/hoke/hoke14.html
 日蓮系宗教は、15年戦争をリードした前歴があります。石原莞爾北一輝井上日召らはいずれも深く日蓮系宗教と関わってます。
  参照;小林英夫『昭和ファシストの群像』(校倉書房、1984年)*4  H・ビックス前掲書上巻140p。143−144p。

 教育行政の中心には中曾根康弘がいて、1985年に中曾根の臨教審答申を作成しました。現在の教育行政はこの答申を基軸に進んでます。
 中曾根康弘九頭竜川ダム汚職(1964)、殖産住宅事件(1972)、ロッキード事件(1976)、リクルート事件(1988)に関わってましたが、「なぜか」逃げきりました。
 東京協和・安全信組事件(1993年)の山口敏夫元労相は中曾根側近、贈収賄事件(2000年)で逮捕された中尾栄一元建設相も中曾根側近、KSD事件(2001)の村上正邦元労相も中曽根側近でした。「なぜか」中曾根までは追及の手は伸びませんでした。
http://village.infoweb.ne.jp/~t5588/back/H9-nagata/nagata80.html
 特高警察は戦後、警察官僚になったり、読売新聞に天下りしたり、広告代理店電通に厚遇で就職したりしてます。電通の重要なクライアント一つは自民党であり官邸です。
 東急エージェンシー中曾根康弘と深い関係にあり、中曾根と東急エージェンシーで、官製圧力団体を作り行政改革を進めたことがあります。
  参照;K・V・ウォルフレン前掲書 上巻360−405p。
 で、教育行政を運営している人たちは戦後ずっとこういう人脈で行なわれていて、「思想教育」が優先していて、学問的裏付けなんてあるはずがないです。多少問題意識ある人なら、以上のことはたいがい知ってます〔とカマヤンは思っていたが、そうでもないらしい〕。で、こういう情報ってのは、確認作業と、情報整理が重要です。で、確認が困難だったり、証拠がなかったり、情報整理が重労働だったりして、教育問題に問題意識を持っている人は苦労してます。

*1:

日本 権力構造の謎〈上〉 (ハヤカワ文庫NF)

日本 権力構造の謎〈上〉 (ハヤカワ文庫NF)

*2:

昭和天皇(上)

昭和天皇(上)

*3:

ヤクザ―ニッポン的犯罪地下帝国と右翼

ヤクザ―ニッポン的犯罪地下帝国と右翼

『ヤクザ』の改訂版 
ヤクザが消滅しない理由。

ヤクザが消滅しない理由。

  • 作者: デイビッド・E.カプラン,アレックデュブロ,David E. Kaplan,Alec Dubro,松井道男,坂井純子
  • 出版社/メーカー: 不空社
  • 発売日: 2003/12
  • メディア: 単行本
  • クリック: 2回
  • この商品を含むブログ (10件) を見る

*4:

昭和ファシストの群像

昭和ファシストの群像