カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか

反「ゲーム規制論」テンプレート案/共感能力欠如

2chで悪くないテンプレートを拾った。文章に若干筆を入れ、以下に保存する。

マンガやゲームなどへの規制論は、「『(規制論者が主張する)問題』は実際には発生してない(し、対処法が不明な)のに、規制案だけやたら具体的」である。

1−1;青少年の犯罪率は増えていない。それどころか減少している。
1−2;凶悪犯罪の発生率も減っている。
1−3;だから「最近の青少年犯罪の原因は、刺激的なメディアではないか」という仮定自体が成立しない。
1−4;米国では1950年代にコミック、60年代にTVの暴力・性表現に対し、大がかりな規制を実施したが犯罪率低下には繋がらなかった。
1−5;「暴力シーンを見せると犯罪率が上昇する」、という仮説は証明されてない。

以上をまとめると、まず「青少年犯罪問題」自体が実は存在していない。次にその原因がTV、マンガ、ゲームやアニメという証拠もない。だから規制する意味がない。おまけに昔規制した米国での教訓より、そんな規制をしてもムダ、という結論だけは出ている。


2−1;「有害」と騒がれるモノには、以下の三種類がある。
   A:「有害である」と科学的に証明されているモノ。たとえば毒物など。
   B:そのものや行為自体には有害性はないけど、扱いによって有害な作用が起きうるモノ。たとえばパチンコなどのギャンブルなど。
   C:有害ではないが「不快感」を与える(可能性のある)モノ。たとえば過激な性表現のマンガや過剰に暴力的なゲームなど。
2−2;「規制」が必要なのはAの有害なモノ。Bはメディアでの取り扱いに配慮が必要。Cは受け取る側の個人の問題。
2−3;もしCに規制をかけるべきだというのなら、同じく「不快を与える(可能性のある)モノ」にも規制をかけるべきだというのか? たとえば「大阪弁」「クリスマスやバレンタインにいちゃいちゃする男女」「ワキガやチビ・ハゲ・デブ」などを?
2−4;Cへの規制は、Aのように有害性が証明されているものより遥かに緩やかであるべきで、Bよりもさらに緩いのが順当である。

以上、「33 :テンプレ改訂 :2005/07/07(木) 00:39:28 lw2Vhe1Z」へさらに筆を入れたもの。

 …うーん、元の文の味を残そうとしたけど、2−4がちとまずいなあ、と思う。言わんとしているところはわかるのだが、2−3までで「つまり『意味のない規制』は人権侵害である」と読解できる展開をしているのだから、とか思う。
 文に繰り返しも残っているから、まだシェイプアップできるな。あと、論拠を詳述しているサイトへのリンクが必要だな。粘着さんとか「信じたいものしか信じないし、見たくないものを見ない」人々を孤立化させる措置として。
 2のAは「有毒性・肉体への有害性」と呼称できるな。
 2のBは何だろ? 実は書き写していて今一ピンと来なかったところなんだけど、「家計への有害性」かな? サラ金とかカルト宗教なんかも含むのかな? 
 2のCは「不愉快性・共感困難性・一部の観客にとって不愉快」かな?
 「有毒」と「不愉快(共感困難)」を、「有害」の名のもと、ごっちゃにされたら堪らんなあ。「共感困難」は観客の側の想像力欠如・理解力欠如・共感能力欠如・情操欠如に由来するからなあ。
 …「有毒」と「共感困難(観客の側の共感能力の欠如)」のように本来まったく性質の異なるものを言語操作によって混同させようとする行為は、呪的行為である。