カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか、狂乱している老母との生活とか

社民党の不思議「進歩と改革」

社民党の不思議 鎌倉圭悟

私はすごく運のいい人間らしくて、この雑誌〔『進歩と改革』〕で描かせてもらったりしてますが、政変の起きやすいこの亥年… 「社民党が党勢を回復するには充分な時間があった」と後世、必ずや書かれるところです。
保坂展人さん福島瑞穂さん辻元清美さんなどが国会でいい仕事をしていることは評価しますが… 社民「党」ははたして政治に真剣なのか疑問を覚えます。党の意思決定システムがどうなってんのか知らないけど。
安倍晋三はたぶん戦後日本史上最もバカな首相で、そのバカぶりは刻々と晒され、人々の脱力を誘っていますが、この低脳な安倍政権にすら勝てないようなら、日本政治勢力はどれも日本人の平均能力をかなり下回ってるんではないかと、けっこう本気で思います。
政治とは「我々がなぜ正しいのか」を説得し、味方を増やし政策を実現すること。そうですね? その手段として敵のスキャンダルを晒し、不正を晒す。そういうものですよね? 日本にはアテになる商業メディアが少ない。そうですね? まさか幻想をもってませんね? Webは安価で発信能力が高い。この事実を理解してますか? 党レベルでなぜ利用しないんですか? 
「社会新報」をwebで公開すればいい、と私は以前提言しました。少しでも金になるのなら無料公開したくない、との考えが社民党の考えだと聞きました。君らの心に社会正義はないのか? 情報自体が宣伝効果を持つという戦略性もないんか? 
社民党を延々と無体に叩いている「日本会議」は「日本の息吹」という機関紙を出してますが、ごく当然に社民党はこれを定期購読して対策を研究してますよね? 反論集くらい作ってwebで発表する用意くらいありますよね? まさか何もしてないなんてことはありませんよね? 
党執行部は本当は公安のスパイだけで占められていて故意にアホなことしているんちゃうんかとすら疑いますわ。
「政党不信」には野党にも大きい責任があるので、どうにかしてほしいと思います。

上記原稿は統一地方選前に書いた。一部台詞の変更はあったが、ちゃんと『進歩と改革』(社民党機関誌)に載った。

感じるところのあった方は、  にほんブログ村 政治ブログへ  をクリックされたし。