カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか、狂乱している老母との生活とか

森喜朗の対立候補への無体な叩きと森喜朗のスキャンダル

民主党の新人議員・田中美絵子議員が、産経・報知による職業差別な誹謗を被っている。http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090915/plc0909151913012-n1.htm
それへのブックマークコメント http://b.hatena.ne.jp/entry/sankei.jp.msn.com/politics/policy/090915/plc0909151913012-n1.htm
ところで田中美絵子議員の選挙区は森喜朗と同じ石川2区である。

http://www.senkyo.janjan.jp/election/2009/99/008477/00008477_23847.html
当選 123490  森 喜朗
復当 119021  田中 美絵子

おお、4000票差まで競っていたのか。
森喜朗には以下のスキャンダルがある。

http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20090824#1251053179
森喜朗が落選する可能性が出てきた。原因は息子の森祐喜。酒井・押尾学の薬人脈と重なる。もう一つの原因はAV一大グループ企業「北都グループ」との関係。ここが『ピーチ・ジョン』の資金繰りに関わっていた。創立者は亀山敬司氏という。亀山氏は森元首相の地元・石川県出身で、業界内では森元首相との関係は誰もが知るほどである。

http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20090822#1250874281
 そして…, 森祐喜石川県議(森喜朗内閣総理大臣の長男)である. この自民党のドン・森喜朗の長男の“六本木アヘン窟”での“売春容疑”は濃厚だ. このことがバレないように,テレビは“のりPのどーでも情報”をタレ流している. このあたり,最近まで六本木ヒルズに住んでいた森喜朗は納得しているはずだ.

稲川会と森喜朗 

http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20080926#1222371135
森首相が自民党幹事長時代の一九九五年五月、中尾栄一通産相秘書の結婚披露宴に、指定暴力団・稲川会関係者と同席した問題で二十五日、同首相の弁明をゆるがす事実が明らかになりました。

日本青年社」による「噂の真相」襲撃への関与疑惑

http://www.uwashin.com/2001/masu/masu67.html
 右翼団体2名が「噂の真相」編集室を襲撃し、編集発行人の筆者以下スタッフ5名がケガをし、編集室は血だらけの惨状となった。いまどき言論機関への襲撃なんて、と思われる向きもあるかもしれないが、額を6針、右太ももも3針縫う全治2週間の傷を受け、ナイフまで突きつけられた筆者が身をもって体験した事実である。
 右翼襲撃後、いっせいに流れたのが、「森喜朗首相の回し者の仕業ではないか」という見方だった。確かに「噂の真相」では6月号で森首相の売春等取締条例での検挙歴をスクープしており、「神の国」発言で窮地に陥ったこともあって、「噂の真相」を民事提訴。「噂の真相」としてはこの記事は自信を持っており、この民事提訴に対し、7月号の特集第2弾で追撃することを表明したため、「一号休刊せよ」という要求もなるほどと思えるものがあった。森首相が直々にやらせたというよりも、恩を売るためにやったという見方である。

ところで、森喜朗の地元石川県議会は、児童ポルノ法強化意見書http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20081118#1226944802を提出していたりする。くたばれ森喜朗

感じるところのあった同志は   にほんブログ村 政治ブログへ  をクリックされたし。