カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか、狂乱している老母との生活とか

福島みずほがうっかり紹介議員になってしまった署名に関して

福島みずほがうっかり紹介議員になってしまった署名http://otakurevolution.blog17.fc2.com/blog-entry-1244.htmlに関して、現時点で判っていること。
1;過去によく似た名前で複数回署名が国会提出されている。糸数議員や福島みずほ議員はそのときも紹介議員になっている。
2;過去のよく似た名前の署名には表現規制の文言はない。
3;今回初めて表現規制の文言が入った。
4;この署名は回を重ねるたびに署名数が減っている。

1

第162回国会 〔平成17年 2005年〕 http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/seigan/162/yousi/yo1620760.htm
第162回国会 請願の要旨
新件番号 760 件名 性の蹂躙・性的搾取を許さない、女性の人権確立を目指す法制定に関する請願
要旨  一九五六年に成立した売春防止法は、売春は悪であると宣言し、公娼(こうしょう)制度を否定した法律として当時としては画期的とうたわれたが、五〇年近くたった現在、矛盾・ほころびが目立っている。かつての赤線地帯(特殊飲食店街)はなくなったが、代わって性産業地域(性風俗特殊営業)が存在し、公認買春地域となっている。売春防止法は売春女性が罰せられ、買春男性は野放しの法体系である。諸外国では男女両罰制を採る国もあり、スウェーデンでは一九九九年より買春男性のみ罪を問う法律が施行されている。女子差別撤廃条約批准に当たり、売春防止法は条約の精神に違反すると主張したが、政府は受け入れなかった。日本は今、人身売買大国と言われ、アメリカ国務省は人身売買報告で日本を三段階のうちの第二類に分類している。日本の刑法では、海外へ人を送り出す者は処罰されても、海外からの外国人女性のトラフィッキング(人身売買)を処罰する規定はなく、人身売買業者、性産業業者に法の網は緩やかであり、女性の保護は不十分である。DV防止法の施行とも関連し売春防止法に基づく既存の婦人保護事業では対応できない状況が生まれている。
 ついては、女性の性を人権としてとらえ、売春防止法の改正ではなく、刑法を含めて女性の人権を確立するための新たな法体系を立てられたい。

2005年での請願では表現規制に関して言及なし。文面から想像するに、キリスト教矯風会エクパット東京)の系列だろうか?
第162回の紹介議員

http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/seigan/162/futaku/fu16200650748.htm
新件番号 748 件数 16 署名者数(計) 1,850
受理番号 紹介議員 会派 受理年月日 付託年月日 結果
748 紙   智子 共産 H17.4.1 H17.4.15 審査未了
749 糸数  慶子 無所属 H17.4.1 H17.4.15 審査未了
750 吉川  春子 共産 H17.4.1 H17.4.15 審査未了
755 下田  敦子 民主 H17.4.1 H17.4.15 審査未了
756 神本 美恵子 民主 H17.4.1 H17.4.15 審査未了
768 糸数  慶子 無所属 H17.4.5 H17.4.15 審査未了
784 和田 ひろ子 民主 H17.4.6 H17.4.15 審査未了
785 糸数  慶子 無所属 H17.4.6 H17.4.15 審査未了
797 千葉  景子 民主 H17.4.8 H17.4.22 審査未了
801 岡崎 トミ子 民主 H17.4.11 H17.4.22 審査未了
883 千葉  景子 民主 H17.4.13 H17.4.22 審査未了
941 円  より子 民主 H17.4.18 H17.4.28 審査未了
978 蓮    舫 民主 H17.4.25 H17.5.13 審査未了
1097 江田  五月 民主 H17.5.10 H17.5.20 審査未了
1610 黒岩  宇洋 無所属 H17.6.1 H17.6.9 審査未了
1991 林  久美子 民主 H17.6.8 H17.6.14 審査未了

件名 性の蹂躙・性的搾取を許さない、女性の人権確立を目指す法制定に関する請願
新件番号 760 件数 2 署名者数(計) 200
受理番号 紹介議員 会派 受理年月日 付託年月日 結果
760 円  より子 民主 H17.4.4 H17.4.15 審査未了
960 小林 美恵子 共産 H17.4.20 H17.4.28 審査未了

件名 性の蹂躙・性的搾取を許さず、女性の人権の確立を目指す法制定に関する請願
新件番号 914 件数 3 署名者数(計) 300
受理番号 紹介議員 会派 受理年月日 付託年月日 結果
914 福島 みずほ 社民 H17.4.14 H17.4.22 審査未了
942 円  より子 民主 H17.4.18 H17.4.28 審査未了
1807 林  久美子 民主 H17.6.6 H17.6.10 審査未了

http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/seigan/162/mifutaku/mi1620748.htm
件名 性の蹂躙・性的搾取を許さない、女性の人権の確立を目指す法制定に関する請願
新件番号 748 件数 1 署名者数(計) 50
受理番号 紹介議員 会派 受理年月日 結果
2728 千葉  景子 民主 H17.8.5 委員会付託に至らず

第162回での署名総数は2400筆。それほど大きい組織ではない。しかし紹介議員はけっこう多い。これだけの議員と繋がりをもつのは容易なことじゃない。女性の権利、ということに関心が強そうな人が多く紹介議員となっている。糸数慶子議員と関係が強いことが伺える。想像するに、沖縄の教会関係とかだろうか。

2

第164回国会 〔平成18年 2006年〕 http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/seigan/164/yousi/yo1640638.htm

164回国会でもほぼ同様の内容。表現規制に関し言及なし。
第164回の紹介議員

http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/seigan/164/futaku/fu16400650638.htm
受理番号 紹介議員 会派 受理年月日 付託年月日 結果
638 神本 美恵子 民主 H18.2.23 H18.3.3 審査未了
639 紙   智子 共産 H18.2.23 H18.3.3 審査未了
669 岡崎 トミ子 民主 H18.2.24 H18.3.10 審査未了
672 円  より子 民主 H18.2.24 H18.3.10 審査未了
729 福島 みずほ 社民 H18.2.28 H18.3.10 審査未了
730 円  より子 民主 H18.2.28 H18.3.10 審査未了
748 円  より子 民主 H18.3.1 H18.3.10 審査未了
767 福島 みずほ 社民 H18.3.2 H18.3.10 審査未了
799 福島 みずほ 社民 H18.3.6 H18.3.17 審査未了
957 吉川  春子 共産 H18.3.22 H18.3.31 審査未了

署名者数は1077筆。提出者はそれほど大きい組織ではない。福島みずほ円より子議員との関係が比較的強いことが伺える。

3

第166回国会 〔平成19年 2007年〕 http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/seigan/166/yousi/yo1660195.htm

このときも表現規制について言及なし。
第166回の紹介議員

http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/seigan/166/futaku/fu16600650195.htm
件名 性の蹂躙・性的搾取を許さない、女性の人権の確立を目指す法制定に関する請願
新件番号 195 件数 5 署名者数(計) 540
受理番号 紹介議員 会派 受理年月日 付託年月日 結果
195 円  より子 民主 H19.2.20 H19.3.2 審査未了
309 円  より子 民主 H19.2.22 H19.3.2 審査未了
330 円  より子 民主 H19.2.23 H19.3.9 審査未了
510 福島 みずほ 社民 H19.3.13 H19.3.23 審査未了
756 吉川  春子 共産 H19.4.6 H19.4.20 審査未了

署名者数の数が減り、紹介議員の数も減っている。540筆。組織活動はそれほど盛んではなさそうだ。円より子議員との関係の強さが伺える。

4

第176回国会 〔平成22年 2010年〕 http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/seigan/176/yousi/yo1760145.htm
第176回国会 請願の要旨
新件番号 145 件名 性的搾取を許さない、女性の人権確立を目指す法制定に関する請願
要旨  一九五六年に成立した売春防止法は、「売春が人としての尊厳を害し、性道徳に反し、社会の善良の風俗をみだすものである」という基本的な視点に立脚して制定された。公娼(こうしょう)制度を否定した法律として、当時としては画期的な法律とうたわれたが、五〇年以上たった現在、売春女性のみを罰し、買春男性は野放し状態であること、婦人相談員を都道府県知事や市長が社会的信望と職務を行うに必要な熱意と識見を持っている人に委嘱し、非常勤であるとしていることなどの問題点がある。二〇〇九年七月の国連女性差別撤廃委員会からも、女性のみの罰則問題は改正することを勧告されている。(一)DVや性暴力など、あらゆる暴力に「女性の人権侵害」として取り組むこと。(二)保護命令の発令を迅速化すること。二四時間無料のホットラインを開設すること。(三)移民女性及び弱い立場の女性たちに対して質の高い支援を行うこと。(四)刑法において性暴力犯罪が被害者の告訴を訴追の要件とする規定を削除すること。性暴力を女性の権利を侵害する犯罪とすること。強かん罪の刑罰を引き上げ、近親かんを犯罪として規定すること。(五)女性に対する強かんや性暴力を描くビデオゲームやマンガの販売を禁止すること。
 ついては、女性の性を人権ととらえ、女性福祉の拡充強化を目指して、売春防止法の改正ではなく、女性の人権を確立するための新たな法体系を立てられたい。

件名はほぼ同じで、今回だけ突然、ゲーム規制・マンガ規制が盛り込まれている。
第176回の紹介議員

http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/seigan/176/futaku/fu17600650145.htm
件名 性的搾取を許さない、女性の人権確立を目指す法制定に関する請願
新件番号 145 件数 1 署名者数(計) 30
受理番号 紹介議員 会派 受理年月日 付託年月日 結果
145 糸数  慶子 無所属 H22.10.21 H22.10.29

http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/seigan/176/mifutaku/mi1760145.htm
件名 性的搾取を許さない、女性の人権確立を目指す法制定に関する請願
新件番号 145 件数 5 署名者数(計) 270
受理番号 紹介議員 会派 受理年月日 結果
146 糸数  慶子 無所属 H22.10.22
193 谷岡  郁子 民主 H22.10.25
201 糸数  慶子 無所属 H22.10.26
254 福島 みずほ 社民 H22.11.2
258 大河原 雅子 民主 H22.11.4

署名者数はひょっとしたらこれから増えるかもしれないが、以前よりさらに減っている。300筆。糸数慶子との関係の強さが伺える。…想像するに、この署名活動をしたのはやはり沖縄の方のキリスト教矯風会とかの関係じゃないかなあ、と思う。件名がほぼ同じで、今回新たに表現規制が加わったということは、組織は同じだが中心人物が変わったか? あるいは組織弱体化を補うために表現規制勢力のどこかと繋がったか? 男女共同参画関係で、ヘンなところの影響を被ったか?
議員がこういう署名の紹介議員になる時、「ああ、またあなたたちのところですか。前回と同じ内容ですか。はいはい紹介議員になりますよ」というのは、わりとある。福島みずほ事務所では署名内容のチェックをし損なった、というのが正解だと思う
以上が現時点で判っていることですが、福島みずほ事務所に(あくまでも紳士的に!)問い合わせるのは推奨です。相手方の仕事の邪魔にならない程度に。しかし相手にある程度印象を与える程度に。政治では「ちょっとしつこいかな」くらいでちょうどいいので、遠慮し過ぎない程度に。

5

関連して、コンテンツ文化研究会のイベントについて、以下告知する。

http://icc-japan.blogspot.com/2010/11/blog-post.html
2010/11/05
「実在青少年問題を考える−私達に何ができるのか?−」開催のお知らせ
「東京都青少年健全育成条例改正案」その条文の中に唐突に現れた「非実在青少年」という単語は、ネットやマスメディアを騒がせ、大きな問題となりました。また、改正案の中身は極めて懲罰的なもので「実在する青少年のためになる」とは、到底思えないものでした。しかし、「実在する青少年のためになる」とは、どのような事なのでしょうか?
昨今の新聞やニュースでは、児童虐待やネット上での児童被害など事件報道がかなりの頻度で取り上げられています。しかし、 「実際にこうした現場で何が起きているのか?」、「何が必要とされているのか?」、「私達は何をする事ができるのか?」考えれば考えるほど、分からない事が増えていきます。
そこで実際に児童虐待などの問題に取り組んでいる識者をお呼びし、「実在青少年」のために何ができるのかを考えてみようと、シンポジウムを開催する事と致しました。つきましては、皆様に是非ご出席いただきたく、ご案内申し上げます。
講師:社会福祉法人カリヨン子どもセンター評議員・弁護士 角南和子
日時:2010年11月13日(土) 18:30〜20:30 (開場18:15)
場所:文京シビックホール スカイホール(定員90人)
■交通案内
東京メトロ丸ノ内線 後楽園駅>4bまたは5番出口【徒歩3分】
東京メトロ南北線 後楽園駅>5番出口【徒歩3分】
都営地下鉄三田線 春日駅
都営地下鉄大江戸線 春日駅文京シビックセンター前)>文京シビックセンター連絡通路【徒歩3分】
JR中央・総武線水道橋駅>【徒歩10分】
アクセスMAPはこちらhttp://www.b-academy.jp/b-civichall/access/access.html
定員(90名)になり次第、受付を終了させていただきますので、当日はなるべくお早めにご来場ください。

http://icc-japan.blogspot.com/
コンテンツ文化研究会への〕ご寄付のお願い
 皆様のご支援、ご協力のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。口座は次の通りとなります。
みずほ銀行 池袋支店(支店番号:230)
普通口座:1506107
名義:コンテンツブンカケンキユウカイ
・ご寄付に当たってのご注意
 寄付金はイベントに伴う交通費や、事務経費などに当てさせていただきます。 寄付金の用途については基本的に当会にて定めさせていただきます。なお返還することはできません。 また任意団体である当会への寄付は、税制上の優遇措置を受けることはできません。 会計報告については適時、ご報告させていただきます。

感じるところのある同志は   ブログランキング・にほんブログ村へ   をクリックされたし。