カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか、狂乱している老母との生活とか

田舎の観光協会とか

1

算命学系の占いによると、今後3年間ほどは新しいことをしようとするな、との卦。

2

田舎の観光協会の理事になった。事務局長兼職。地味に地味に活動しよう。
活動報告チラシを書く仕事が与えられた。「君〔=カマヤン〕は真面目すぎて、そういうのにユーモアとか入れるのは苦手ですか?」とか気遣いされた。いや商業レベルはいざ知らず、田舎の会報で笑わかす程度のことはそれほど難しくはないが、「真面目で堅物」という印象を与えているのなら、今後3年弱くらいその印象を生かしておくことにしよう。
それ程深く付き合っていない人には私は「真面目で堅物」という印象を与える。それでかつてロビー活動もそれなりに成功でき、塾講師としてもまあまあ成功できた。そんなこともちょっと思い出した。
田舎の観光協会のこの程度の役職が俺の身の丈というもの。

3

税理士さんと話をして、ウチの売り上げは、だいたい、年3%くらいで現在減っている。
以前、伊豆の観光地で客の数を教わったら20年でだいたい半分になっていたと聞く。…んー、年に2.5%ずつの減少という計算で正しいのかな? 仮に正しいとしたらウチの売り上げの減少はだいたいその数字をトレースしている。日本経済がだいたいそのくらいのペースで縮小していると考えることもできる。
ウチの場合、全部自己資本でやっているので、この調子で年3%ずつ減少しても、一応、今後4年くらいは維持できる。子供が3歳になるくらいまでは計画のみ立てて、じっとすることが許されそうだ。

感じるところのある同志は  ブログランキング・にほんブログ村へ   をクリックされたし