カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか

晩酌のつまみの選択にしくじった翌日

1

8/19夜、ビールのつまみに少し重たいものを食べた。具体的にはおでんと「したらば」。「したらば」ってものの存在を知らなかったがコンビニで見かけて面白いと思って買った。食った。腹に重い。舌にも合わない。だが完食した。
翌朝、腹を壊した。終日体調が悪かった。
おまけに今までおとなしかった老母が8/19から錯乱を初め、8/20早朝の錯乱があまりに酷いので、老母の新興宗教上司に電話して「老母をどっかに連れ出してくれ、このままでは死人が出る」とお願いした。「そういうのは家庭内で解決すべき」とか返答されたので「じゃあ先日我が家に連れてきた『先生』とかいう人の連絡先を教えろ」と迫った。「先生」に連絡されると都合が悪かったらしくその人から老母に何か連絡があり、老母が幸いにして一日不在となった。老母は俺の娘を連れて映画を見に行った。自分の娘への性虐待をしている夫に娘を供物として与えるダメ母親を俺は再演した。
200万円与えておとなしくさせていた効果はたかだか10日間ほどしか効かなかった。http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20160810/1470843881

2

我が嫁の言によると今の錯乱している老母が平常運転で、むしろ最繁忙期におとなしかったのが不思議だ、とのことだ。その観察は正しい。
老母は最繁忙期に常に錯乱するので、俺と嫁はエネルギーの約7割を老母の錯乱対応に追われ、残り3割を極道系ヤンキー対応に追われ、その他の客への対応へはその残りしか力を割り振れないというが常態だった。幸い今年は極道系ヤンキーは今のところ一度も来ておらず、老母もなぜか8/18までおとなしかったので、普通の宿泊業で普通に過酷な最繁忙期をこなす程度の疲労度で済んだ。

3

8/20終日体調が悪かった。下痢っ腹になった。ビオフェルミンエビオスを延々ごんごんと飲んだ。
体調最悪で脳味噌も動かなかったが、観光協会関係の宿題をこの辺までにこなさないとならないので、2件重たい事務作業を終わらせた。
夜9時にすぐ店を閉め、すぐ帰宅し、寒気がしてこのままでは風邪をひくと感じたのですぐ風呂に入り、珍しく長風呂した。
風呂から出た後、すぐ眠くなり寝た。

4

幸い翌朝は体調回復し、今日一日しのいだ。
最繁忙期はあと一週間強続く。

感じるところのあった方は   にほんブログ村 政治ブログへ  をクリックされたし。