カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか

8月20日頃は疲労のピーク

昨年の日記を見ると、8月20日くらいが疲労のピークだ。今年はセルシンを飲んでいるから、昼の間起きていられない程の疲労はないな、と開店時に思った。それでも疲労が消化器系に来ているのを感じる。
午前中、昨夜の最上質客たちがチェックアウトする前に、老母からあまりにバカなこと言われたので、精神的にやばくなった。客観的には連日ほぼ満室が続いていて男子バイトも今日は午前中不在でスタッフが足りないのに、老母の主観では、今日は暇なので主力労働者である我が嫁を老母の趣味の新興宗教のくっだらない催しに連れ出したい、と老母が要求した。スタッフが足りないから困る、ダメだ、と断った。
老母の主観では嫁が行きたがっていることになっていた。実際には嫁は行きたくないし、行けるほど今日は暇ではない、と言っていた。老母は呼吸するように主客を入れ替える。
老母が嫁の代わりに店で働くから構わないだろうともぬかした。ありえない。
俺は疲労しているから老母の声を聴くのも姿を見るのも嫌悪感が走る。それ以前に我が老母は、してもらっては困ることは全力で行い、してもらわなくてはならないことは絶対にしない。
しつこく絡むので、自分が激昂しそうになるのを感じたが、昨夜の最上質客たちの前で激昂して最上質客に悪印象を与えたらここ数年積み重ねてきた努力が水の泡だ。「離れ」へ急ぎ行き、急遽セルシンを2つ飲んだ。
セルシンを飲んでどうにか激昂を抑えることができた。老母へ伝えた。どうしても嫁を連れていきたいのなら、嫁が行きたいというのなら構わない。だが老母に店にいてもらっては困る。と伝えた。老母と俺が一緒にいたら必ず喧嘩になる、今からチェックアウトする客は「大事な客」だから、今日は俺に話しかけるな、とも老母に伝えた。
「大事な客って、お前の友達か?」と老母は返した。老母には客層のターゲティングという接客業宿泊業の基本が判らない。死ぬまで。死んでも。死ね。とにかく今日は俺に話しかけるな、それから店にいるな、と伝えた。
老母とは話は全く通じないし心は永遠に通じ合わないが、嫁を連れ出すのはダメらしいということと、老母が不在でいるほうが望ましいということはどうにか老母は受け入れて、老母は畑へ農作業に行った。ところで老母の農作業は無計画で雑で物凄く下手だ。
午後、チェックイン客の接客を俺がしている最中にまた老母が絡んできた。老母の農作業が一人ではやりきれないから店の主力スタッフなおばさまを一人農作業につれていくから許可しろ、という内容だ。
俺は接客中だ。接客中に私用で話しかけるな、馬鹿か。お前は接客商売したことがないのか。早く死ね。
接客中に話しかけるのだけはやめてくれと数日前俺と嫁でお願いしたばかりだった。老母は数日前「そうだな」と笑って答えていた。
チェックイン客への説明など最長10分程度だ。我が老母は狂人だからその10分を待てないし、なぜ自分が待たなくてはならないのか理解しない。同じことをされたら当人は激昂していたくせに。
主力スタッフのおばさまを老母の趣味で失えるほどは今日は暇ではない。なぜ俺はこんな狂人が肉親なのか。なぜこんな狂人と自営業をしているのか。
接客中なので反論できず、セルシンの効果があったから激昂はしないですんだが、どうにか「俺に話しかけないでください」とだけ答えた。
チェックイン客は違和感を覚えただろうが、これはもうどうしようもない。
チェックイン客への説明を続けた。説明している間、悔しさのあまり、涙声になり、客の前で大声出して泣きだしたくなった。
夜間、嫁と娘が「離れ」に帰った後、「店舗」で一人で事務作業をしようとした。事務作業が全然できない。作業がミスだらけで全く進まない。自分の感情を観察した。セルシンを余計に飲んでいるから、激昂はしない。だが事務作業がミスだらけになる程度にはつらい。自己憐憫に浸る程度には悲しくてやるせない。
この感情は、中学時代から大学時代までの『夏休み』期間にいつも感じていた感情だ。セルシンを余計に飲んでいても。そういえば高校大学の『夏休み』は我が家業で酷使され、毎晩布団につくたび涙流していたのを思い出した。あまりに過酷な環境にいると、脳はなぜ自分が涙を流しているのかすら理解できない。つらくて涙流していたのだな。当時もつらいとは思っていたが、つらさのレベルが当時俺が思っていたより本当は酷かったのだな。
我が老母は幼稚で独善で人でなしだ。経営者は共感能力がなく同情心がない人でなしのほうが少なくとも短期的には巧く行くことがある。我が老母はブラック企業経営者の類型だ。
ブログランキング・にほんブログ村へ