カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか、狂乱している老母との生活とか

「日本青年社」こと「住吉会」 

日本青年社」こと「住吉会」  鎌倉圭悟

「進歩と改革」二〇〇四年十月号で、右翼団体日本青年社」は暴力団住吉会」だと書きました。〔一〕「住吉会」系小林会が「日本青年社」です。〔二〕「救う会・新潟」の幹事・水野孝吉は「日本青年社」総本部時局対策局長です。
二〇〇〇年に中川秀直が愛人と覚醒剤のスキャンダルを握られ、官邸機密費を渡した相手も「日本青年社」です。〔三〕中川秀直が「日本青年社」から脅迫された直後に「北朝鮮拉致問題」がこじれます。
九一年の暴対法施行以降、暴力団は右派政党に多く登録しなおしました。〔四〕
安倍晋三と「日本青年社」は岸信介時代からつながってます。〔五〕ついでに石原慎太郎とも「日本青年社」は仲良しです。〔六〕
拉致事件は日本の公安やヤクザも絡んでいると思うんだよね。〔七〕たぶんロシアからの天然ガスパイプライン計画や日本の核武装の利権が絡んで、住吉会がこじらせていると思うんだよね。〔八〕
住吉会北朝鮮覚醒剤密輸を行っています。〔九〕
「進歩と改革」は北朝鮮にも送られているそうだから提言するけど、北朝鮮拉致事件オウム事件での日本側のスキャンダルを世界に晒せばいいと思うんだけどね。〔十〕
今年二〇〇七年二月、東京で住吉会系小林会と山口組の抗争が起きましたが、〔十一〕この小林会が日本青年社です。だからこの抗争は安倍政権と深く関係するはずなんだよね。
「リアヨロ」というサイトでは現在、安倍晋三政権の支持率は六%、不支持率は九〇%となってます。〔十二〕

〔注釈〕
〔一〕2004年10月号掲載情報訂正。『新東亜』での情報は不正確で信憑性のないものだと掲載後に判明した。「林組」「長谷川某」は実在する名称ではない。
〔二〕第150国会基本政策委員会審査会第2号平成12年11月1日、不破哲三発言「この日本青年社というのは、政府公安調査庁が提供した資料によりますと、暴力団住吉会小林会を母体とする典型的な暴力団右翼団体だと、そう規定をされています。」
〔三〕同前、「この日本青年社の幹部が、一九九六年十月に、当時、科学技術庁長官であった中川〔秀直〕氏に内容証明郵便で六項目の質問を送っています。」
〔四〕「Web司法ジャーナル」http://www.shihoujournal.co.jp/ 2004年01月26日号記事。カプラン&デュプロ『ヤクザが消滅しない理由。』(不空社、2003年)342p-345p。
〔五〕 102-衆-予算委員会第二分科会-2号 昭和60年03月08日「住吉連合会の副会長で右翼団体日本青年社の会長である小林某が開きました昨年五月の会合に、岸元首相や田中角榮元首相などの花束が並んでおりまして、これも国民の目から見たらいかにも異なものであります。」
〔六〕産経新聞2003年2月3日ほか。
〔七〕たとえば元神奈川県警本部長・城内康光は「日本会議」役員である。
〔八〕『進歩と改革』2005年八月号など
〔九〕溝口敦「北朝鮮がつくり『ヤクザ』が売る覚醒剤、その密売ルートの全貌」『北朝鮮利権の真相』(別冊宝島)。
〔十〕安倍政権支持率が落ちると北朝鮮が日本へ挑発するから安倍晋三北朝鮮はグルである、ともwebで噂されている。
〔十一〕 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070208-00000143-jij-soci山口組住吉会、収拾で合意=都内の連続発砲事件−警戒継続、動向注視・警視庁」 2月8日18時31分配信 時事通信
〔十二〕http://www.yoronchousa.net/result/1978

上記原稿もって行ったら、北朝鮮へ雑誌は送っているけど、北朝鮮との交流は拉致事件以降絶たれたと聞いた。これ聞いて思ったんだけど、そうなると現在、北朝鮮と日本の間を繋ぐのは住吉会統一協会のラインだけになっていて、ますます住吉会統一協会による東アジア外交の強引、ならびに住吉会統一協会による東アジア危機自作自演が強化される。
住吉会金正男は仲良しで、しばしば日本で会っている。覚醒剤や銃器の受け渡しで。http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20060428#1146221793
[2007,03,09 03:30]

ヤクザが消滅しない理由。

ヤクザが消滅しない理由。

  • 作者: デイビッド・E.カプラン,アレックデュブロ,David E. Kaplan,Alec Dubro,松井道男,坂井純子
  • 出版社/メーカー: 不空社
  • 発売日: 2003/12
  • メディア: 単行本
  • クリック: 2回
  • この商品を含むブログ (10件) を見る

売国集団「住吉会」は逝ってヨシ、と憤る同志は   にほんブログ村 政治ブログへ  をクリックされたし。