カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか、狂乱している老母との生活とか

足利事件を含む、北関東連続幼女殺害事件関係

http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20100930#1285852145で茨城を含む北関東で連続している幼女殺害事件http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20090509#1241807191にリンクしていたけど、
http://togetter.com/li/55177原元美紀 @haramotomiki 氏が語る「足利事件の真犯人」」というのがはてブだらけになっていたので、リンクしておく。
HP版http://www.mikimouse.info/newdiary.htmから

010.9.20 解決可能なはずの未解決事件
〔略〕菅家利和さんが釈放され、日本中に衝撃を与えた足利事件。あの冤罪を晴らすきっかけとなったのは、日本テレビの報道だということは広く知られていますね。
〔略〕現在発売中の「文芸春秋」10月号、「真相 未解決事件35」で、解禁になったので、ここでその事実を公表しようと思います。これはあくまでも私の日記なので、私の正直な感想を綴ってみたいと思います。
実は、あの日本テレビの報道がスタートした2008年1月、つまり菅家さんがまだ受刑者として服役していた頃、取材班はすでに真犯人を特定していたのです。
〔略〕 「菅家さんが冤罪だと判ったから、他に真犯人がいる」のではなく、 「真犯人を見つけたから、菅家さんが冤罪だと判った」のです。
〔略〕取材に当たった日本テレビ清水潔ディレクターは、写真週刊誌「FOCUS」の記者時代、桶川ストーカー事件取材で、警察よりも早く犯人を割り出し、事件解決と警察の不正を暴き、後にストーカー規正法成立を導いた方です。〔略〕
〔略〕清水さんは当局へ犯人の情報提供をしたそうです。 清水さんの一連の報道の目的は、「真犯人の逮捕」だからです。 しかし、その後、警察が真犯人逮捕へ向けて本格的な捜査に入ったという情報はありません。 なぜ真犯人逮捕へ向けて、積極的な捜査が行なわれないのでしょうか!?
〔略〕 当局が捜査に乗り出さない背景が、「文芸春秋」誌面にこれでもかというほどあぶりだされています。
警察の捜査の矛盾、 再捜査を認められないジレンマ、 当時のDNA鑑定の「精度が低かった」のではなく、「そもそも鑑定が間違っていた」証拠の却下など、 「しがらみ」でがんじがらめになった警察・司法の真実を封印しようとする姿には、恐怖すら感じます。 そして、司法当局は「時効」を理由にこれ以上の捜査を事実上打ち切ることを遺族に説明しました。 しかし、遺品である半袖シャツの返却を申し出ると、「このまま預かります」と言って、国の施設で冷凍保存をするというのだ。現在も遺族の手には戻っていません。 なぜ一介の記者が真犯人を見つけ出せるのに、捜査当局はこの事件の真相を葬ろうとするのか。

ツイッターからhttp://togetter.com/li/55177

http://togetter.com/li/55177
<足利9>警察はそもそも、1979年以降に群馬と栃木の県境、半径わずか20キロ圏内で起きた5人の幼女誘拐殺人を、「同一犯の連続した犯行」ととらえておらず、県の「管轄」範囲が区切られるため、縦割り捜査から充分な広域捜査へと展開できなかったようです。 haramotomiki 2010-09-30 18:19:23<足利10>全国どの地域に、半径20キロで、17年の間に幼女が5人も誘拐されたり、殺されたりするでしょうか?パチンコ店で連れ去られる、河川敷に遺体で発見される、という共通した手口で。これを複数の人物の犯行と見る方が不自然。そして、5 人目の事件は、菅家さんが逮捕された後に起きてる。 haramotomiki 2010-09-30 18:23:51<足利12>ご丁寧に、当局に真犯人を教えてあげ、手柄も自分たちのものにして良いからとお膳立てしてあげているのにまだ動かない警察、検察。彼らが身動きが取れない理由は、当時の捜査や、DNA鑑定の問題点、自供の矛盾などが明るみに出ることで、他の事件の捜査、判決も根底から覆されるからだ。 haramotomiki 2010-09-30 18:46:06<足利13>詳しくは現在発売中の「文藝春秋」を読んでいただくと、なぜ警察、検察当局が動かないかが分かります。菅家さん釈放のときに指摘されていましたが、同じDNA鑑定方法で、既に死刑が執行された受刑者がいるからです。あれももし冤罪だったら、話は死刑廃止論にまで及びます。haramotomiki 2010-09-30 19:20:04<足利14>当局は、幼女を5人も誘拐、陵辱、殺害した犯人を野放しにし、罪なき人間の人生を狂わせてでも体面を守りたいのでしょう。「足利事件」は時効としながらも、犯人のDNAの付着した幼女のTシャツは司法によって国が管理保管することになったとか。真相ごと永久に葬ろうというのでしょう。haramotomiki 2010-09-30 19:42:13<足利14>当局は、幼女を5人も誘拐、陵辱、殺害した犯人を野放しにし、罪なき人間の人生を狂わせてでも体面を守りたいのでしょう。「足利事件」は時効としながらも、犯人のDNAの付着した幼女のTシャツは司法によって国が管理保管することになったとか。真相ごと永久に葬ろうというのでしょう。haramotomiki 2010-09-30 19:42:13<足利15>なぜ今こうして足利事件報道の裏側を公表したかというと、当局を動かしたいからです。この事件は真犯人を逮捕しなければ、被害者も遺族も、菅家さんも、そして、警察、検察自身も真に浮かばれないじゃないですか。今もあの男の膝に乗せられ無邪気にキスされてる幼女を救いたいのです。 haramotomiki 2010-09-30 19:56:54

連想したけど、ロシアのチカチーロ事件でも、延々見当違いな同性愛者狩りを警察はしていたなあ。

文藝春秋 2010年 10月号 [雑誌]

文藝春秋 2010年 10月号 [雑誌]

感じるところのある同志は   ブログランキング・にほんブログ村へ   をクリックされたし。

画像は http://piapro.jp/content/e3qccyb9njzwaenn から。