カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか、狂乱している老母との生活とか

平田信は自首したけど、警察は真相解明に興味ないんじゃないかな

1

オウムの平田信の自首からこっち、どこに潜伏していたかの報道ばっかりで、事件の真相解明については全く報道がないね。
オウム事件には警察も絡んでいたので真相解明しないということに警察内派閥抗争の結果確定した、警察が事件の証拠を次々隠蔽している、と苫米地英人が以前言っていたhttp://d.hatena.ne.jp/kamayan/20100330/1269962826 http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20090716/1247697602けど、だからなのかな。平田信も警察によってどうにかされるかもしれないね。

2

平田信出頭までの経緯についてメモしておく。

http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20120103-OHT1T00199.htm
 〔略〕また出頭前に、情報提供を呼び掛ける警察のフリーダイヤルに約10回電話したが、話し中でつながらなかったと話していることも分かった。

 平田容疑者は出頭しようと捜査本部がある大崎署にも行ったが、署内への入り方が分からず、あきらめたと話していることも判明。地下鉄霞ケ関駅などの防犯カメラに平田容疑者が写っており、警視庁はさらに詳しい足取りを解明し、潜伏先の割り出しを急ぐ。

 滝本弁護士によると、平田容疑者は12月31日午後9時前、JR大崎駅から歩いて大崎署へ行ったが、署の玄関の入り方が分からずあきらめた。

 駅へ戻る途中の公衆電話でオウムの特別手配容疑者に関する情報提供を呼び掛けるフリーダイヤルに約10回電話したが、ずっと話し中だったため断念。今度は110番して名乗らずに「平田信の担当部署はどこか」と尋ねると「警視庁だ」と告げられたという。

 その後、時間をつぶしながらJRと地下鉄日比谷線を乗り継いで警視庁本部に向かったと話しており、警視庁の捜査でも恵比寿、霞ケ関両駅の防犯カメラに平田容疑者が写っているのが確認された。

 午後11時35分ごろ、警視庁本部の正面玄関で名乗り出て出頭しようとしたが、警備の機動隊員が悪質ないたずらと判断。丸の内署に行くように指示したため、平田容疑者は歩いて同50分ごろ、同署に出頭した。

 出頭した際、女性警察官に「うそ」と言われたので、「ほら僕、背が高いでしょう」と説明すると署内に引き入れられたという。

これへのブクマコメント

http://b.hatena.ne.jp/entry/hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20120103-OHT1T00199.htm
FUKAMACHI ドリフかよ。

感じるところのある同志は  ブログランキング・にほんブログ村へ   をクリックされたし