カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか

「なろう」小説読んでいたり、『僕だけがいない街』を読んだり

1

河口湖の11月くらいがだいたい東京の冬の気温で、12月から3月初めくらいまでさらにもう一段階寒冷な極寒期が来る。
今年の12月は晴れの日が多く、日中日差しがあるので、感覚的に過ごしやすかったが、それでも日中の最高気温が東京の最低気温と同じくらい、早朝は零下7度くらいにまで下がる。ちなみに河口湖は富士五湖の中で最も標高が低いので富士五湖の中ではまだ寒冷さがマシな方で、山中湖は零下10度を下回る。
極寒期は身体がこわばって気持ちが暗くなりがちだ。

2

宿泊業では大晦日前後は繁忙期なのだが、繁忙期が近づくといつも老母は狂乱する。今年も狂乱が酷かった。
今年は12月半ばから特に酷く狂乱した。それよりも前から狂乱していたが。ていうかいつも狂乱している。
老母は狂乱しているときと、ひどく狂乱しているときと、我が嫁ですら耐えられなくなるほどに凄まじく狂乱するときを繰り返す。
そういう狂人と生活しているのは辛い。

3

なので、脳味噌使うタイプの読書が12月くらいからしんどくなり、たまたまwebで『転生したら剣でした』のマンガ版を試し読みしてみたらわりと面白く、まずkindleで購入した。
転生したら剣でした (1) (バーズコミックス)
次いで、三部けい僕だけがいない街』の噂を聞き、電子書籍版をカドカワで購入しようとした。カドカワでは購入に成功しなかったので、hontoで電子書籍版を購入した。hontoの電子書籍版は読みやすい。ストレスがない。『僕だけがいない街』はむちゃくちゃ面白かった。何度も映像化されるのも道理だ。久しくマンガから遠ざかっていたが、こんなに面白いマンガがあったとは。
僕だけがいない街(1) (角川コミックス・エース)
光永康則『アヴァルト』の存在を知ったのでこれもhonto電子書籍で購入して読んだ。マンガはhontoに限る。
アヴァルト(1) (シリウスコミックス)
ので『転生したら剣でした』のマンガ版もhonto電子書籍版で購入し直した。

3

『転生したら剣でした』は「なろう」で発表された小説だというので、「なろう」小説版も読んでみた。わりと面白かった。
『転生したら剣でした』はアマゾンの読者レビューによると『転生したらスライムだった件』に似ているとのことだったので、『転生したらスライムだった件』の「なろう」小説版を読んでみた。長い。でも面白い。楽しめた。hontoで漫画電子書籍版も購入して読んだ。
転生したらスライムだった件(1) (シリウスコミックス)
「なろう」に他に面白いのないかざっと調べて、『無職転生 - 異世界行ったら本気だす -』を読んだ。序盤の大人の記憶を持つ子供の描写が実に良い。これも長い。「なろう」異世界転生小説の中では比較的初期の作品なのかなあ、と思う。美少女エロゲーやギャルゲーからの影響が時々香り立つ。香り立つのが快感な描写と、香り立ったのが辛い時とあったが、これは読む俺の側のメンタルによるのだろう。最終話まで面白く読んだ。
これらの作品に、12月のつらい時期のキツさを緩和してもらった。

4

ひらりん大塚英志『まんがでわかるまんがの歴史』もhontoで読んだ。これは凄い作品だ。kindleで読むと価値がたぶん半減以下になる。後日再読することにする。
まんがでわかるまんがの歴史 (単行本コミックス)
ブログランキング・にほんブログ村へ

またニホンカモシカがいたこととか、年末年始の集客状況とか

1

「店舗」には道路沿いに300mばかり離れたところにそれなりに広い飛び地があって、臨時駐車場として使っている。
昨日午前中、嫁がそこでニホンカモシカを見た。
その日の夕刻、臨時駐車場においてある送迎車に俺が乗りに行ったら、その時もニホンカモシカがいた。悠然と草を食んでいた。
「お前、こんなところにいると、車に轢かれるぞ」
ニホンカモシカに声をかけた。
ニホンカモシカは悠然として全然警戒していないので、捕まえようと思えば素手で捕まえることができるかもしれない。しないけど。
このニホンカモシカはあまり大きくないので、まだ成獣になり切ってないかもしれない。
http://kamayan.hatenablog.com/entry/2017/12/28/214833 で見たニホンカモシカと同じ個体だと思う。
http://kamayan.hatenablog.com/entry/2017/12/17/213639 の時見たニホンカモシカは今回のより大きかったと思うので、あれが親だったかなあ、と思う。あるいはその時は遠目で見たので実際より大きいと錯覚して、同じ個体だったかもしれない。
猟師だった老父がまだ壮健だった頃の話によると、ニホンカモシカは増えるとなるとやたら増えるそうだ。今は猟師が激減しているから、頭数が増えて湖畔にまで下りてきているのかな、とか思う。

2

毎年大晦日は当施設に限らず、河口湖の宿泊施設は満室だ。
その前後の期間にどの程度客が埋まるかは施設間格差が大きいようだ。大晦日以外前々客が来ない、という近隣宿泊施設の声も聴く。
我が施設は、以前は、大晦日を中心に、前後1日は7割から半分くらい、そのさらに前後1日は半分かそれ以下、程度の埋まり方だった。
我が施設の場合、3年くらい前から、大晦日を中心に、だいたい1週間強、ほぼ満室が続く。
満室が続いたので、ガス屋さんが仕事納めの時にガスを満タンにしておいてくれたのに、1月2日の朝、一部宿泊施設のガスが空になり、ストーブも給湯器も使えない、という事態が起きた。記憶する限りそんなことは初めてだ。
幸いにして自治会のご近所で仲の良いおじさんがこのガス会社の偉い人だったのでその方へ相談したら、その人が来て予備ガスボンベに繋ぎ直してくれて、凌ぐことができた。
今後はガスボンベの連結を増やしてくれるそうだ。

3

今朝は富士河口湖町の仕事始めの神事があり、俺も観光協会長だから河口浅間神社へ行った。
河口浅間神社世界遺産構成遺産になる前は鄙びた神社だったが、今は風格のある神社になった。立場は人を変えるというが、立場は神社をすら変えるようだ。
神事の間、爽やかな風が吹いたので、河口浅間神社の神様はご機嫌だったのだろうとか想像する。
しかしながら、寒いのを堪えて座っていたら、体中こわばった。体中こわばると、昔の不快な思い出がフラッシュバックする。不快な思いをするとき人間は緊張状態で身体がこわばるので、逆に身体がこわばるとその不快な出来事を強く思い出すのだろう。身体はトラウマを記憶する。
筋肉の凝りを緩めるためのサンバゾンと、抗不安剤セルシンをいつもより多めに飲んだが、それでもなかなか不快なフラッシュバックが消えにくい。消えるまで今日はだいぶ時間がかかった。セルシンを飲んでいなかったらもっとずっとこのフラッシュバックに苦しめられただろう。
ブログランキング・にほんブログ村へ

最近見た野生動物たち

1

一昨日くらい、5歳の娘と一緒に、甲斐犬の散歩をした。
徒歩10分くらいの道路湖畔側、3mくらい前に、ニホンカモシカがいた。
甲斐犬は大興奮したが、甲斐犬を引きずって戻った。
ニホンカモシカは山へ戻った。

2

さっき、「店舗」を閉じて、コンビニまで自動車で行った。コンビニまで車で10分くらい。
帰路、道路にハクビシンかタヌキのような轢死体を見付けた。
少し悩んだ後、このままにしておくのは冥利が悪い、と判断し、「店舗」へ戻り、バケツとスコップを軽トラックに積み、轢死体のところへ戻った。頭部が潰れていて判然としないがたぶんハクビシンだと思う。大きかった。
その轢死体をスコップで拾い、バケツに入れ、「店舗」へ戻り、「店舗」の敷地の隅へ埋葬した。
この埋葬場所には過去何匹もの野生動物や野良猫の轢死体が埋まっている。
これら轢死した動物たちの霊が、どうか人間の交通安全の守り神的な何かになってほしい、と願う。
ブログランキング・にほんブログ村へ

けものフレンズたつき降板関係メモ

以下メモする。

1

けものフレンズ】福原慶匡プロデューサー「2期を外れる事に関しては覆りませんでした」
http://kemono-friendsch.com/archives/49819

731 ジャパリパーク来園者 2017/12/27(水) 21:21:15

吉崎先生黒幕説がまたチラホラしているようなので、ひとつ情報を。
コンセプトアート展の撮影禁止エリアにあった情報なので今まで書いていませんでしたが、吉崎先生は(少なくとも3月の段階では)たつき監督に2期を任せるつもりだったという、明確な根拠を提示しておきます。
もう今だから言いますが、撮影禁止エリアにある展示物の中に、2期の予告編と覚しき絵コンテがあります。気付かれた方がどのくらいいらっしゃったか分かりませんが、その隅に「2017年3月17日」と日付がありました。これが書かれたのは、タイミング的にはまだテレビ放送中、10話と11話の間にあたります。(たつき監督のツイートを信じるなら、この時まだ12話の制作中で完成すらしていません)
KFPA〔けものフレンズプロジェクトA〕自身が「制作体制を模索中で何も決定していない」と9月27日の段階で表明していることからしても、それよりはるか前の3月、それも1期の最終話を誰も見たことすらない段階で、実はヤオヨロズにかわる次の制作会社と契約していて、2期に向けた映像制作が始まっていたなどということは、いくらなんでも無いでしょう。
絵コンテというのは一人で構想を練る為に描くものではなく、第三者に指示を伝える為に作成する説明書です。吉崎先生が3月にそれを描いて渡す相手は、たつき監督以外には考えられません。
12話放送直後に発表された「新作映像」の構想にはヤオヨロズだけでなく吉崎先生も一枚噛んでいて、たつき監督たちと一緒に物語を練ったり、予告編の絵コンテをやり取りしていたと考えて、まず間違いないでしょう。

747 ジャパリパーク来園者 2017/12/27(水) 21:24:54

吉崎観音黒幕とかいう不確定要素はやめとけ 
1番の戦犯は売れた途端コンテンツを横取りした工藤大丈
こいつの要求とヤオヨロズの条件が合わずに辞退だぞ

820 ジャパリパーク来園者 2017/12/27(水) 21:31:42

関係者各位に圧力をかけている人物を再掲
工藤大丈
KADOKAWAアニメ事業局部長 現KFP最高責任者
堀内大示
工藤の上司 KADOKAWA映像事業局局長
安田猛
KADOKAWA所属アニメプロデューサー たった2話込みで7000円もするBD価格の決定を押し通した上役 角川価格で検索

1106 ジャパリパーク来園者 2017/12/27(水) 22:34:35

「梶井編集長からハンドリングがアニメ事業部の工藤大丈部長に変わった。」とかいうのが当たったぞ

1119 ジャパリパーク来園者 2017/12/27(水) 22:39:47

とりあえず、今回のことで、何個かわかったことがある。
KADOKAWA(制作委員会?)はヤオヨロズから降板したいと申し出があったと嘘をついた。
・一方的に通達がなされた。
・その制作委員会のコアなメンバーというのが戦犯。
情報としてはもう十分だろ。必死に業者使って火消ししてたのも、この戦犯だろうし、最初から推測されてたそのまんまだった。ただ、今回井上さんが介入してくれなければ、一方的にヤオヨロズが悪者扱いされて騒動をもみ消したであろうことは明らかなので、井上さんには感謝したい。その上で、もうプロジェクトは一端たたんだ方がいいだろね。

2

たつき監督降板は「KADOKAWA内の内紛が原因」! あの自称業界人からの重大情報
https://togetter.com/li/1156634

https://togetter.com/li/1156137#c4195866

葵真碧(mao aoi) @maochin39blue

結局、KADOKAWA内の内紛が原因だったってもう確定してて、梶井編集長からハンドリングがアニメ事業部の工藤大丈部長に変わった。梶井編集長の時と条件が変わってしまったから、たつき監督もヤオヨロズも撤退せざるを得なくなった。何もかもこの工藤大丈氏が「書籍がなんでアニメやってるの?アニメならウチでしょ?」と売れた瞬間に横槍を入れた時から始まってるわけで、手際よく情報操作までしてくれちゃってるわよ?デキる男工藤大丈は違うわね。ちなみに裏は取れてるから確かな情報よ?

3

ここ数日、俺がセルシン飲んでいなければ耐えられない程度に老母の狂気ぶりが酷くて、辛かった。さらにたつき監督による『けものフレンズ2期』の芽がなくなったという情報は辛かった。でも上記メモで、何を恨むべきか見えた気がしたので、ちょっと気持ちが落ち着いた。
ブログランキング・にほんブログ村へ

実は安倍晋三への俺的評価が少しだけ上昇している件

1

以前、
http://kamayan.hatenablog.com/entry/2017/06/09/221842
という記事を書いた。
が、その後、森友・加計学園スキャンダルで、今のところ、死人は出ていない。そのことをもって、安倍晋三への俺的評価が少しだけ上昇している。

2

小泉純一郎政権だったら、ばっすんばっすん、関係者が不審死していた。
小泉純一郎政権時代の不審死のラッシュについては、もっとずっとたくさん検証報道・検証調査されていいと思う。

3

小泉純一郎政権にスキャンダル関係不審死が大量にあり、安倍晋三政権では少なくともスキャンダル関係不審死が(俺の記憶する限り)ないのは、安倍晋三の方が悪党としての根性がなく、小泉純一郎は凶悪に悪党だったということなのだろう。
小泉純一郎にとって安倍晋三小泉進次郎政権までの繋ぎなのだろう。
ブログランキング・にほんブログ村へ

2017年の田舎での出来事

1

事故以降低下していた思考力はだいたい普通に戻った。

2

2-1

10月後半に茨城と福島へ旅行に行ったとき、旅行の前日くらいからセルシンを飲まなかったので、福島で久しぶりにビールを飲んだ。セルシンとアルコールのためにぶっ倒れてから1か月強ぶりだったので、またぶっ倒れることを警戒しビクビクしながらちびちび飲んだ。久しぶりのビールはたいして美味いと感じなかった。

2-2

12月初め、キャンプについてのセミナーが東京であった。俺はキャンプ場経営者だがキャンプの面白みなんぞ一個も判らない人間なので、勉強のために参加してみた。初日のセミナーは糞くだらなかったが、二日目は多少得るところがあった。
久しぶりの上京だったので、親友2人と会い、吉祥寺の高級中華料理店で夕食し、この日のために数日前からセルシンを絶っていたので、久しぶりにビールと紹興酒を飲んだ。親友と飲む酒は美味い。が、それほど悪酔いはしなかったが、何か金に関係してろくでもないことを口走ったような記憶がわずかにある。親友諸氏、俺は物凄く酒に弱くなっているのだ、たぶんろくでもないことを言ったと思うが忘れていただけると助かる。
上京するたびインフルエンザウィルスを貰って帰り寝込む、というのをここ数年繰り返しているので、このキャンプのセミナー上京の時は、食事の時以外は常にマスクをしていた。俺の住んでいる田舎は白人が上陸する以前のアメリカ大陸みたいなもので、人間もウィルスも全然いない。都会は人間が過密でウィルスがウヨウヨいる。俺のウィルス耐性はコロンブス上陸以前のインディアン並みだ。

3

初夏の頃、夜、「店舗」から「離れ」に戻る途中、小動物の轢死体を見かけた。そのままにしておくのは不憫だったので、戻って轢死体を拾い、「店舗」の敷地の端に埋めた。ハクビシン轢死体だったと思う。
その前後半月くらいのころに、やはり夜、野良猫の轢死体をやはり拾い、「店舗」の敷地の隅に埋葬したように記憶する。

4

セルシンを飲むようになってから、鼾はだいぶ少なくなったようだ。寝酒をすると鼾が酷くなるものだそうだから、それによるのだろう。

5

9月ごろ、河口湖などの貸別荘が振り込み詐欺集団の犯行場所として利用されているので、それらしい人物がいたら教えてくれと複数の県外の警察から連絡が以前あった。それらしい人物だ、と、嫁が気づき、警察に協力する、ということがあった。
他県で夏に起きた事件の物証を我が「店舗」沿いの湖畔に捨てた、との証言があり、その物証探しに他県警察が来る、といったことが最近あった。

6

初夏の頃、日清のCM撮影に我が施設で行われた。
初夏の頃、某アイドルのDVD撮影が我が施設で行われた。
ブログランキング・にほんブログ村へ

甲斐犬との散歩と野生動物

1

我が家には甲斐犬が一頭いる。現在10歳(今年になって保健所に登録されている年齢を確認した)。人間年齢に換算するとだいたい40歳くらい。
元々、山梨県奈良田という秘境に住む老父の友人から狩猟用に老父が入手した。老父が狩猟用に甲斐犬を飼うようになってだいたい35年くらい。記憶する限りでは現在の犬で甲斐犬としては6頭め。それ以前は祖父の代からポインター犬を飼っていた。老父が狩猟をしなくなったのと、我が嫁が猫毛アレルゲンと犬毛アレルゲンがあるので(嫁は動物が嫌いなわけではない)、我が家で犬を飼うのはたぶんこの犬で最後になる。
昨年までは2頭いたが、もう一頭のほうは昨年老衰死した。
現在買っている甲斐犬は、狩猟犬としての才能が高いのだが、老父が衰えてから飼いだしたので、狩猟経験がほとんどない。高い才能を生かさないままペットとして生涯を終える運命にある。

2

甲斐犬は一日中走り回っていても平気な体力があるのだが、綱に一日中繋ぎっぱなしだ。
家庭内や家庭外で色々あって、俺が毎日散歩に連れて歩くようになった。

3

3-1

12月初め頃、甲斐犬を散歩させていたら、我が家のすぐ近くの茂みに甲斐犬がバッと飛び込んだ。猫のような何かを噛み抑えた。タヌキだった。我が家の近くでタヌキを殺されても困るので、甲斐犬を引きはがし、タヌキを逃がした。

3-2

その数日後、散歩コースの湖畔遊歩道を甲斐犬と歩くと、じっ、と湖とは反対側を甲斐犬が見つめて動かなくなった。どうしたんだろう、と視線の先を見た。湖畔は遊歩道を挟んですぐ山になっている。その山に、大きなカモシカがいた。わ。こんな近くにカモシカがいるのか、と、ちょっと感動した。そのまま通り過ぎようか、と思ったが、ちょっともったいない気がしたので、携帯で写真だけ撮った。

3-3

その数日後、散歩コースの湖畔遊歩道の茂みの中に、甲斐犬が突然飛び込んだ。紐の長さギリギリで俺が紐をたぐったので獲物に届かなかった。猫のような何かが甲斐犬から逃れ、大急ぎで山へ逃げた。狐のようだった。サイズが小さかったので子狐だったのだろうと思う。

3-4

つい数日前、散歩コースの湖畔遊歩道の別の茂みの中に、甲斐犬がまた突然飛び込んだ。獲物をがっちり咥え込んだ。タヌキの喉笛に牙が入っている。いやいやいや。こんなところでタヌキを仕留められても困る。どうにか甲斐犬が咥えているのを離させた。タヌキはケガしていたが生きていた。興奮したままの甲斐犬を引きずり、いつもの散歩コース終点まで行き、戻ってくるとさっきタヌキを仕留めようとしたところの水辺でタヌキが水を飲んでいた。甲斐犬はそれに気づかなかったようなので、そのままスルーした。

4

俺の住んでいるところは、人間より野生動物の方が多い。

5

ところで甲斐犬と散歩して気づいたが、人間の視野に野生動物が見えても甲斐犬が気づかないこともけっこうある。単純に目の高さが人間の方が高いので、人間の方が視野が広い。なので人間と犬のペアというのは、狩猟採集時代、実にうまく機能したペアだったのだろうし、老父のように狩猟をするときもうまく機能するのだろう。

6

野生動物と言えば、これからの季節、俺の住んでいるところは、鹿との交通事故がわりとしょっちゅう起きる。
猟友会が老齢化し、我が老父のように害獣駆除能力と資格を持つハンターが減り、鹿や猪といった害獣は増えている。

7

猟銃と言えば、たしか昨年、その前の年だったかもしれないが、老父は猟銃所持更新をやめた。
更新しないと、猟銃を誰か狩猟仲間に譲渡するか、さもなければ物理的破壊するしかないそうだ。銃身に鉛を詰めて美術品として飾るとかそういうことはできないのだそうだ。
俺が狩猟免許をとればいいじゃないか、そうすればこの猟銃を持っていられる、と、その際駐在さんに熱心に勧められた。
俺の村は俺より若い人間が少ないので、害獣駆除のために狩猟免許取るのもアリかなあ、とか少しだけ考えたが、俺は狩猟に毛ほども興味がないし、たぶん狩猟が好きにはならないし、俺より若い人間が村で少ないとは言っても俺よりは狩猟に向いている若い人間が村に絶無なわけではないから、俺が狩猟免許を取るという選択肢は捨てた。
老父の猟銃は老父の狩猟仲間へ譲渡することとなった。