カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか

福島瑞穂は一貫して「人権擁護法」に「反対」している

人権擁護法」反対運動は自民党自作自演だったり、新風とか統一協会とか日本会議とか自民党工作員が仕切っていたりしていて、情報がデタラメとデマとウンコだらけで賛成反対情報がグチャグチャに嘘連呼デマ連呼されていて、しかも事実確認しない奴ばかりでまったくもう相手にもしたくないしバカは死ねと正直思うんだが、事実確認を繰り返す。
福島瑞穂は一貫して「人権擁護法」に「反対」している

http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20050727#1122481878
==== Mizuho Office ===================================================

      福 島 み ず ほ の 国 会 大 あ ば れ

                             2005/2/4 号

======================================================================
◆ 「人権擁護法」ならぬ「人権侵害法」は いらない! ◆
 2年前に廃案になった人権擁護法案を再提出する動きが活発になった。 昨日、与党の「人権問題等に関する懇話会」は、人権擁護法案の再提出について、
1. 人権委員会の設置場所は、法務省とすること、
2. 報道関係条項を凍結し、凍結を解除するには別に法律を要する
 という基本方針で、今国会の提出と、成立をめざすことを表明した。 2年前の法律案と基本的に何も変わっていない。〔略〕 時代状況は、悪くなっているなかで、なぜ今、こんな中身の人権擁護法案なのか。 まず〔問題なのは〕、第一に、人権委員会の設置場所が、法務省になっていることである。 国連国連が勧告している独立委員会に全くなっていない。これではダメである。〔略〕 法務省人権委員会をつくってもこんな人権問題の救済が、できるわけがない。
 第2に、メディアに対する規制である。 「凍結」は、「解凍」するためにある。PKF法(国際連合平和維持活動法)もすぐ「解凍」されてしまったではないか。 東京地検の特捜部長が、記者に対して文書を配った。「(メディアが)本当に捜査機関のチェックをするというなら捜査後でなければなし得ないはずです」と言っている部分は、特に、問題である。検察官が、マスコミの取材と報道は、捜査にとって有害だからやめろといっているからである。〔略〕
 国民の知る権利を「官」が「民」のメディアを規制することで、侵害することがあり得るのだ。人権侵害法案を上程させてはならない。

福島瑞穂人権擁護法賛成派だと言っているバカに今日一日だけでリアルに一人、webで複数回見た。アホかお前。お前一体何を見て賛成反対情報を得ているんだ? お前にその情報を与えた奴は敵だ。

感じるところのあった同志は   にほんブログ村 政治ブログへ  をクリックされたし。