カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか、狂乱している老母との生活とか

薄い家庭運

祖母一周忌。私は知り合いにはわりと恵まれているが、某占いによると家庭運は薄いらしい。帰郷すると骨の髄まで無力感を覚え、生きる意欲やら何やらが枯れ、さまざまなものへ絶望を感じ、滲めさの感覚に苛まれる。家族に対してそういう感情を抱いてしまうこと自体も寂しい。http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20070119#1169154250
風邪はだいたい治ってきた。連休は風邪で臥せるだけだった。
父が2年ほど前に、父の母方の祖父を夢に見て「わりゃ、うらの生まれ変わりだ」とのお告げを聞いた、との話を聞く。2年前だと権五郎神をちゃんと祖霊として私が祀り始めた頃だから、それで霊験があったのかな。わからないけど。ただし父が10歳くらいまでその祖父は生きていたそうだ。人生経歴は似ているそうだ。
帰郷しているとき、朝3時に目が覚めた。下宿に戻ると、目覚まし時計が3時に鳴るようにしたままだった。朝3時に鳴り出して近隣には迷惑だったろう。だからその時刻に目が覚めたのかな。

ぽちっとな   にほんブログ村 政治ブログへ