カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか

反知性主義関係

〔2016年2月訂正ここから〕
ガメさんの記事から。

http://d.hatena.ne.jp/gameover1001/20100121/1264047049
id:tari-Gさん、

>上から下まで右も左も反知性主義なこの国の未来はどう見ても非常に厳しいよね。

なるほど「反知性主義」とゆえるのか、と学習しました。そのうちマネして使うけど、コピーライトで訴えないでね。

〔ここまで無視されたし〕
以下連想。
反知性主義」は「反ユダヤ主義」などがその典型である。http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20061127#1164573757 http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20061128#1164660641
日本の「反知性主義」は独特なかたちをしている。独特な日本の「反知性主義」について以下メモする。
日本では、「純情」「純朴」を美徳とする。ひどい言い方をすると無知であることを美徳とする。
たとえば就職においても企業は新卒のみを優遇し、社会経験を持つ者を嫌う。「純情」「純朴」な人材でないと使いにくいからだ。「体育会系」を優遇するのも同じ理由による。この就職での制限偏見に対し「企業は処女厨だ」という正当な批判・適切な揶揄を誰かによるブクマコメントで見たが、たいへん的確だと思う*1。日本社会は「処女厨」が動かしている。たとえば厚生労働省は「募集・採用における年齢制限の禁止」http://www.mhlw.go.jp/topics/2007/08/tp0831-1.htmlと言っているものの、当の厚生労働省自体年齢制限を堂々としているわけでありましてhttp://www.jinji.go.jp/saiyo/saiyo01.htm、普通の知性のある人なら、ふ、と冷笑し、いつもの軽い絶望感を今日も味わうわけであります。
高学歴ワーキングプアを増産してそのことに国家が痛痒をあまり覚えていないのも同様でありまして。つまり日本社会は、少なくとも社会上層は、知性ある人能力ある人を求めていないわけであります。なぜなら知性ある人が能力で上昇したら、現在の社会上層に血統だけで居座っている、たとえば安倍晋三とか鳩山由紀夫とか役人社会にはもっとたくさんいるそういう連中が権勢を維持できなくなるからであります。*2
これは日本が本当のところは身分制社会でありまして、とはいえあからさまに身分制を誇示できないので、「内輪の情報」を知る者と知らない者とに断絶させ、それにより内内に身分制を再生産させているというのが実態実情なのでありますが、それを隠蔽偽装するために「いやいやあくまで能力で選別していますよ、あなたにもチャンスは過去に開かれていたでしょ? それを知らなかったり、そのチャンスを利用しなかったり、あるいは家庭の事情でチャンスがなかったりなど、そんな個々の家庭の事情までは考慮できませんなあ」という体裁をとるために、このように設計し運用していると思われる。
実態が身分社会であるがゆえに、司法や検察の動きも日本では異様なのであります。http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20051210 http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20100118
社会上層が好む「純情」「純朴」な人々は公僕は社会のために存在するはずだと「純情」「純朴」に前提しておりますので、司法や検察警察の異常行動を理解できず記憶できずすぐ忘却するのであります。インターネットによって記憶と情報が蓄積しなければ今よりずっと我々は忘却しやすかったのであります。だから中国政府と同様に日本の色んな勢力がインターネット規制をしたがっているのであります。http://www.pref.aichi.jp/0000028843.html http://d.hatena.ne.jp/marinba/20100117/p1

感じるところのある同志は   にほんブログ村 政治ブログへ  をクリックされたし。

画像はhttp://piapro.jp/content/6e74eur2nz4lkfvbから。

*1:ブクマコメントではなく以下の記事でした。http://d.hatena.ne.jp/raurublock/20081217/1229528121

*2:だから鳩山由紀夫安倍晋三の改悪教育基本法を尊重するのでありますhttp://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20091107/1257567095し、枝野幸男のような父親が庶民だった人物は当人がどんなに有能でも権力内で冷遇されるのであります。