カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか、狂乱している老母との生活とか

もしも子供が生まれたら

娘は明日生まれる

http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20121210の続き。 朝9時、嫁の入院している病院へ行った。嫁は陣痛室に移動していた。 陣痛促進剤を処方されていた。 当初の予定日は12月19日だったが、嫁の血圧が高く、妊娠中毒のリスクがあるということで今回の入院と…

明日か明後日、子供が生まれる

嫁の血圧が高くなり、妊娠中毒のリスクがあるので、本日入院した。 明日か明後日には生まれる。 女の子なようだ。 明後日だと、2012年12月12日生まれになるのだが。 感じるところのある同志は をクリックされたし

我が子の性別とか名前とか

我が子が男児か女児か私はたいへん気にしているのだが、現時点では不明だ。 我が嫁は男児だろうが女児だろうがどちらでも構わないとおっしゃっていて、それはそれで一つの見解なのだが、病院での検査のたび我が子は、背中を向けているのだそうだ。そのため性…

10月14日は父母との別居記念日

1 昨年11月に、いったん父母と別居した。http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20111124/1322143381 http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20111202/1322830116 その後、老父の体調不良を老母が口実とし、なし崩しに父母同居に戻った。父と同居するのは一向構わないのだ…

子供の名前

なんか甥姪が私の子の名前を一生懸命考えてくれているんだけど。 一応、受胎頃から、男の子の名前二つ、女の子の名前一つ、考えている。 嫁がその名を気にいってくれるといいんだが。 私の悪趣味の一つ、姓名判断だと、私の姓でこれ以上運気の強い名前を考え…

嫁と笑い

1 我が嫁は、たぶん、わりとよく笑う人だ。 だが、私は嫁を笑わせたことはほとんどない。 ユーモアとは、無理やりにでも余裕を作ろうとする営為だ。 我が家は殺伐としていて、余裕がない。嫁に申し訳ないと、ちょっと思う。 2 嫁の父親が、無事、病院から退…

文化の再生産とか

1 以下メモする。 http://d.hatena.ne.jp/kamosawa/20120527 「DQNの教育問題について、またはわたしもDQNであるということ」 http://d.hatena.ne.jp/nakamurabashi/20120528/1338173209 「環境という足枷」 http://d.hatena.ne.jp/p_shirokuma/20120529/p1 …

授乳期の飲酒禁止

1 我が嫁は飲酒も喫煙も嗜む方なのだが、妊娠が判明して以来、禁酒禁煙、禁カフェインを実践されていらっしゃる。 たいへんだよなあ、と思う。 出産後も、授乳期間中は禁酒が続く、と、嫁から聞いた。そうか。それは考えたこともなかったがそうだよなあ。 嫁…

子供へ対して

子供に対して、 「偉くなろうなんて思うな」 とか 「もっと子供らしい言葉を使え」 とか言うべきじゃないよね。 「ウチの仕事はすげえたいへんだ、だから早くお前に継がせたい」 とも言うべきじゃないよね。 感じるところのある同志は をクリックされたし 画…

心音確認

1 嫁は病院へ行った。心音を確認した。「おめでた」が確認できた。無事出産まで辿り着けますように。 妹二人にまず報告した。 老母老父へは夕食時に懐妊を報告した。 2 予約した沖縄旅行、老父母と同行する妹夫婦に不評だったのでいったんキャンセルする。キ…

霊感な日々

1 以前ウチで従業員をされていたおばさん(老父より年上)がいらっしゃった。私の祖母の夢を見たという。このおばさんがウチを手伝ってくださった頃は、祖母はだいぶ耄碌して、寝たきりの寸前だったと思う。 2 嫁の胎内はまだ心音が確認できておらず、確認で…

嫁が妊娠した模様

1 嫁が金曜頃から風邪のような花粉症のような症状になり、ずいぶん重い。 土日は病院に行けないので、日曜には近くの、皮膚病やアトピーなんかに霊験効能のある温泉で休んでもらった。 妊娠の初期症状だといいなあ、と思った。そう思ったら喜びが湧きあがっ…

清王朝に習い

1 一姫二太郎というけど、運よく子供を授かるとしたら、一人目は女児のような気がする。今年になって霊感がすげえ衰えているので大外れになるかもだけど。 もしも娘を授かったら、教え子の「姫」http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20060603#1149268934 http://d…

もしも子供が生まれたら

子供を授かることができるかどうかは運であり、その子供の出来が私や嫁と同程度になるかどうかも運だが、子供をもしも授かることができたらこう育てたい、というシミュレーションは昔から脳内で何万回もしているので、多少メモしておく。運よく授かり実際に…